ウォレット

Trezor wallet logo

TREZOR


TREZORはハードウェアウォレットの権威です。

TREZORをelectrum-FJCに接続することで、最高のセキュリティを得ることができます。

富士コインをTREZOR Wallet(Webウォレット)で使用することもできます。

TREZOR Webウォレット

富士コインのコアウォレットは有名なビットコインのウォレットに準拠しています。 ビットコインのウォレットを知っている人なら簡単に使えるでしょう。

コアウォレットのインストール方法

Windows

ダウンロードしたファイルを好きな所に解凍して下さい。 Fujicoinフォルダーの中にあるfujicoin-qt.exeを起動します。

最初、データベースが富士コインのネットワークに同期するのに長い時間が掛かります。 同期が完了するまで気長に待ってください。

データベースは C:\Users\%USERNAME%\AppData\Roaming\Fujicoin フォルダーに作成されます。


短期間でのインストール方法

初めてお財布をインストールする時はデータベースがネットワークに同期するまで非常に時間がかかります。現在は12時間前後かかりますし、将来的にはもっと時間がかかるようになります。そこで富士コインは30分前後でインストールできるサービスを提供することにしました。月に一回最新のデータベースを提供します。最新のデータベースを次のリンクからダウンロードして下記の手順に従って利用してください。

Download: Download Center

  1. ダウンロードしたデータベースを C:\Users\%USERNAME%\AppData\Roaming\Fujicoin に解凍します。
  2. Roaming\Fujicoin の下にデータベースが展開されています。
  3. 入手済みのfujicoin-qt.exeを起動します。

簡単ですね。なお、長期間利用していなかったウォレットにもこの方法を使えます

  1. 古いデータベースを削除します。
  2. 上記と同様にデータベースを解凍します。
  3. fujicoin-qt.exeを起動します

これでデータベースは短時間でネットワークに同期します。

設定ファイルの例: fujicoin.conf

必要に応じて下記のようなパラメータを設定できます。設定ファイルの配置場所: Roaming\Fujicoin\


server=1

listen=1

rpcuser=

rpcpassword=

rpcallowip=127.0.0.1

port=3777

rpcport=3776

addresstype=legacy

changetype=legacy


ウォレットアドレスツール

BIP39 Toolは各種のアドレス、公開鍵、秘密鍵のセットを生成するツールです。 専門的な知識が必要ですが万一の場合に資産の復旧などに役立ちます。

Trial: https://iancoleman.io/bip39/

注意: ニーモニック、パスフレーズや秘密鍵を外部サイトに投入するべきではありません。 名前を付けて保存するかダウンロードしてローカル環境で実行すべきです。

GitHub: https://github.com/iancoleman/bip39

ダウンロード: Download bip39-standalone.html

富士コインにはペーパーウォレットが用意されています。 ダウンロードのページから取得してください。 使い方はこちらを見てください。


なお、秘密鍵を使ってPCのお財布に入金するにはデバッグウインドウのコンソールを使います。

コンソールで下記コマンドを実行します。: "importprivkey [秘密鍵]"

FujiCoin Paper Wallet